採用担当からの
メッセージ
from recruiter

『IQ(アイキュー)』よりも『EQ(イーキュー)』を!

就職活動 イメージ

皆さんもご存知のように『IQ(Intelligence Quotient)』とは人の知能指数を意味します。
一方で『EQ(Emotional Quotient)』とは、"ココロの知能指数"。
いわゆる社会人として人が生活していくなかで、幸せな一生を送れるかどうかは『IQ』よりも『EQ』の高さが重要な鍵であると言われています。これは自分の本当の気持ちを、自覚・尊重し、納得できる決断を下せるか、また楽観性や共感能力といった点も含まれます。
もちろんICTの業界の仕事をするにあたり選考において適性を見させて頂くことはありますが、応募者の出身校はもちろんのこと、学部学科は一切問わず、面接をたいへん重視します。

なぜ学部学科不問なのか?

ICTの業界に限らず、仕事をする上で最低限の知識や技術は必要です。
しかし、仮に技術職と言えど、知識や技術だけで仕事はできないのです。
インターネット、電子商取引・・・ 企業のICT化が進み、コンピュータが仕事の中核を占めるようになっても、仕事は「人」から生まれます。たどっていけば、最後に行き着く仕事の起源は「人」と「人」なのです。裏を返せば、コンピュータの知識など入社してからいくらでも勉強できますし、経験も仕事を通じて身につければ良いのです。
しかし、人(≒人間性)は、そう簡単に変えよう(変わりよう)がありません。
ですから、当社は人物重視の選考を行ない、入社後も「人間尊重」をうたっているのです。リクルート活動にあたり、コンピュータの知識や情報関係の資格で武装するのも結構ですが、我々はその武装に覆われた、あなたという「人」を見ています。

面接について

就職活動 イメージ

採用担当として毎年思うことは、「今年はどんな人を採用できるかな」という事です。
当然ですが、企業としては毎年良い人材を採用したい訳です。しかし、当社でいう良い人材とは一流・有名大学生のことではありませんし、成績優秀者とも違います。
当社の求める人とは、

  • 誠実でひたむきに仕事に打ち込む人
  • 一生懸命頑張る人

なのです。
こういう人をどうやって見つけるかというと、やはり面接です。
面接とは応募者の良し悪しを見つけるものと思いがちですが、当社では応募者の良いところを探し出すために行っています。
ですから、質問にはご自身の考えを披露してください。そのことで自信を持った話し方となり、その自信が好印象を与えることになります。